Skip to content

出産内祝いにはカタログギフトという手も

出産内祝いは、出産後1ヶ月、お宮参りの頃までに贈るとされています。

遅くとも2カ月以内には贈った方がよいでしょう。しかし、この時期は何かと忙しく、体調も回復しないうちに子育てに追われて大変です。出産内祝いを贈るのにもかなりの時間と労力が必要になってしまいます。身内やごく親しい間柄であれば、ライフスタイルや趣味嗜好が分かっているので準備がしやすいですが、そうでないとどのような品を選んでいいか悩んでしまいます。

そのような時は、カタログギフトを利用してみるのもいいでしょう。相手も好きなものが選べますし、使わないもの、趣味に合わないものを贈られて困った、という事態も避けられます。特に高額なお祝いをいただいた場合にはカタログギフトがおすすめです。出産内祝いの相場は、いただいた金額の1/3~1/2といわれていますから、高額なものとなると品物選びはますます難しくなります。

ただし、のしやメッセージカードを付けることを忘れないでください。これがないと、感謝の気持ちや出産の喜びを伝えるには不十分ですし、相手にも失礼です。基本的なマナーさえ守っておけば、今はカタログギフトを贈って失礼にあたることはありません。相応の値段であれば問題ありませんし、無難な贈り物といえるでしょう。カタログギフトであっても特別なものを贈りたい、そう思ったら、表紙に名前や生年月日を入れるサービスを行っているところもあるので検討してみてください。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *