Skip to content

ノベルティ商品に会社名を入れる重要性

配布された商品をもらった人が日常で使い続けることによって、商品や会社名の認知度を上げるのがノベルティ配布の目的です。

商品に会社名やアピールしたい内容を入れるメリットは、たくさんの人の目に触れることです。利用している商品を他の人が見て興味を持つと、それが話題となって拡散されていきます。実際に手に取ってみてわかる商品の魅力もありますし、よく使っている商品だからという安心感もあります。生活の中の風景に当たり前のように溶け込んでいるノベルティはたくさんあります。

カレンダーや様々な消耗品、文具などはほとんどの人が日常的に使っているもののひとつです。ペンやクリアファイルなどは自分で購入しなくてもよいほど様々な会社が作成していますし、同じボールペンでもインクの種類やカラーによって特色を出している会社もあります。便利な商品の認識は同じですが、同じペンでもひとつのカラーよりは複合的にいろいろな色があるほうが、インパクトもあって使ってみようという気持ちになります。

日常的によく使う商品は名前よりも会社名を覚えていることのほうが多く、ノベルティを配布する際に本体のどこかに社名を印刷することで、使う人の生活に浸透していくことが考えられます。宣伝方法としてのノベルティは、チラシやカタログとは違ったアピールができる商品です。経費を抑えながら有効活用することで、使用した経費以上のリターンを望める商品の選択が大事になります。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *