Skip to content

効率的なノベルティの使い方

さまざまな企業にとってノベルティは、業績を上げてくれる欠かせないツールとなっています。

どのような場面で使うかといえば、自社の知名度を上げたいときです。新興企業や新しく事業に参入したときなどは、取り扱っている商品そのものより会社としての知名度の有無が今後の経営成績に大きく左右されます。そのため、自社を宣伝するためにノベルティをたくさんの企業や一般のお客様に配布するのです。ノベルティの代表的な品といえばボールペンですが、ここでも注意が必要です。

それは、配布する品は実用的な物でなければいけない、ということです。分かりやすい例で言えば、ビラ配りとティッシュ配り、多くの通行人が取るのはどちらだと思いますか。そう、ティッシュ配りです。ビラは興味ない人は絶対に取りませんが、ティッシュは実用的に使えます。そこで通行人は自然に取るようになるのです。そのティッシュの裏側に簡単な宣伝を入れておけばかなりの確率で読んでくれるでしょう。大事なポイントはここにあるのです。受け取ってもらえないとそもそも始まらないのです。

食器用洗剤や洗濯洗剤など家事に喜ばれそうな品はノベルティとしておススメできます。もうひとつ、大事なことは配布数にこだわることです。ノベルティは安価の品が多いので、正直それ自体ではあまりお客様の惹きは強くありません。ですが、繰り返しになりますが一番の目的は知名度を上げて自社と自社の商品を知ってもらうことです。たくさんの人に知ってもらったほうが当然買ってくれる確率は高くなります。いかに広い範囲で多く配れるか、受け取ってもらいやすい品を用意できるかを考える必要があるのです。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *