Skip to content

ノベルティを活用した販促

何かと物が売れない時代において、どのようにしてお金を使ってもらうかを模索する企業は少なくありません。

日本は、景気の良い時代も悪い時代も経験している国ですが、その反動なのか貯金をする人の割合が非常に高い傾向にあります。何かあったときに備えであったり、将来に他する漠然とした不安感からお金を使うことに非常に消極的になっています。しかし、それでは稼いだお金が市場に回らず経済の停滞を招く結果となってしまうため、日本政府としてはお金を使って景気回復に寄与してほしいというのが本音です。

消費者物価指数は改善したり悪化したりを繰り返していますが、メディアや政府が誇張するほどの経済の回復を実感できていない人が大半である世の中では、なかなか消費に対する不安感は拭えません。商品を並べておけば勝手に売れるという時代ははるか昔の話で、今ではノベルティなどを活用した特典商法が目に付きます。

インターネットの普及による通販で物を購入する人が増えれば、実店舗で物を買う人が少なくなるため、そういったマイナス面を改善するために主に実店舗で商売をしている人たちがノベルティを使用した販促を行っています。ノベルティは、そのお店で必要以上のお金を支払って物を購入した人だけにプレゼントするおまけのようなものですが、そのノベルティが優れていれば良い販促になります。雑誌の付録などがそれにあたりますが、今では付録目的で購入する雑誌を選んでいるひとが大半です。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *