Skip to content

効果的なノベルティグッズを配布するためには

現在は様々な企業が「ノベルティ」を販売促進や企業のアピール等の目的で配布しています。

確かにノベルティの配布は効果を生む場合がありますが、ただ制作して配布すれば良いというものではありません。物によっては、使いにくいせいで日常生活の中で利用されないまま、しまいこまれたり捨てられてしまう場合もあります。そうなっては、企業名やブランド、商品をアピールすることは出来ず、企業イメージアップや集客・購買などへの期待が出来なくなります。ノベルティの効果を最大限に生かすためには、貰ってうれしい物・使えるものを作る事が大切です。

ユーザーが貰って嬉しいと感じれば、その企業への好感度もあがるでしょうし、日常で使えるものであれば、それだけ目にすることも多くなります。貰った本人だけではなく周囲の人にも企業やブランド名を認知してもらう事に繋がってゆきます。傾向として、貰ってうれしい物というのは、日常生活の中で気軽に便利に使える物であることです。例えば、ハンカチやタオルなどは定番中の定番といえます。それに加えて、最近はスマホ周辺グッズなども喜ばれる傾向にあります。

また、ノベルティグッズを制作する場合には、ターゲット層を絞り込んでゆくことが肝心です。ターゲットによって、貰って嬉しいかそうでないかは違いがある事もあります。層が広範囲であれば、出来るだけ誰が見てもセンス良く見えるものを作ると良いでしょう。デザイン重視の必要が少ないものとしては、社名やブランド名を入れたオリジナルのガムやキャンディを配布するのもおすすめです。保存も出来て邪魔にならないことから喜ばれる事が多いです。小包装を開けるたびに否応なしに、企業名を見る事になりますので費用対効果も高くなります。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *