Skip to content

ノベルティを有効的に活用する

日本の長引く景気低迷による影響は、私たちの買い物に対する意識をより堅実なものにしました。

バブル好景気の時代は、何もしなくても勝手にお金が増えていたなどと夢のような世界でした、バブルがはじけ目の当たりにした現実はあまりにも厳しいものです。大不況に襲われた日本は、大規模なリストラや就職氷河期を経てようやく上向きな経済動向になってきましたが、それでもまだまだ消費者側にすると質よりも安さを求めています。必要以上に買い控えが続いてしまうと、健全な経済回復をすることが難しくなってしまい、結果として経済が低迷したまま上向きになりにくい現状があります。

必要なものをお金を出して買うというシンプルかつ原始的な経済活動そのものこそ、最大の景気改善策です。では、物を売る側の企業は買う側の人たちへどのようにアプローチして購入意欲をわかす必用があるのかというと、ノベルティなどを活用した特典商法が代表的なものとなっています。

珍しい販促活動ではありませんが、インターネットが普及し実際の店舗で購入する必要がなくなった現代社会では、実店舗側が積極的にそのノベルティキャンペーンを取り入れた販促を実施しています。実店舗でルール以上のお金を出して商品を購入してくれたお客様にだけ、プレゼントするノベルティには特別感があり、そこでしか手に入れられないものばかりとなっており、そういったプレミア感が消費者の購入意識を向上させることができます。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *