Skip to content

ノベルティがユーザーの心理を掴むメカニズム

企業や商品・サービスの販促を目的として無料配布される「ノベルティ」、このアイテムを活用して効果を出すには、人間の行動心理を理解しておくことが大切です。

既知の通り、すでに心理学を応用したマーケティングは一般的で、日頃良く目にするCM等はそうした人間の心理を活用したものです。人がどんな場合にどんな反応をするのか分かれば、それを使わないという手はありません。そこで、「ノベルティ」に関係する人間の行動心理のメカニズムをいくつか見ていきましょう。「単純接触効果」・・繰り返し接触することで好感度がアップし、好印象を持つようになることです。これは主に広告業界では基本、かつ最も使われています。

TVやラジオCM、雑誌や動画広告など、目や耳にする機会が多ければ多いほど対象に好印象を持つようになります。配布したグッズに社名や商品名を入れるのは、この単純接触効果を利用したものです。「親近効果」・・最後に与えられた情報で相手の印象が決定されやすいという心理です。例えばマンションの見学会等に行った場合、最後に粗品を貰える事があるかと思います。

見学者はその中でも一番良い物をくれた企業には好感を持ちます。ノベルティにより自社を優位づけるには良い方法です。「ピーク・エンドの法則」・・人はピークと、エンドがどう終わったかを強く記憶します。親近効果にも似た心理で、人により何にどう感じるかは様々ですが、ファミリーレストランなどで会計時にキャンディーや子供へのおもちゃを無料で渡すのは、最後に好印象を与えることでファンやリピーターを増やす狙いがあるからです。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *