Skip to content

イベント会場で役立つノベルティ商品選び

シーンにより必要とされるノベルティは、職業によっても違いがあります。

企業のイベントなどで配布される粗品や記念品は、来場する顧客層や職種などを十分に把握しておくことが大切です。成果を上げたい顧客層に対するアプローチは、商品のプレゼンやフォローなどのほかに、気持ちよく会場を後にしてもらうための配慮も重要です。イベント形式の接客は、顧客のほうから会場に足を運んでくるために、より慎重な対応が肝心です。

会場に訪れる顧客であればある程度の関係ができていることが多く、顧客も新たな情報に興味抱いている可能性があります。ノベルティ商品は記念品として配布するだけでなく、自社のイメージを顧客に再確認してもらうためにも重要な役割を持ちます。もらった人がすぐに会社の名前をイメージでき、さらにそれを使用してもらえることでさらに自社のイメージは充実していきます。シーンに合わせたノベルティの選択は顧客層を絞り込んだ戦略と同様に、必要な商品を把握しておくことが大事です。

ビジネスチャンスの広がりは相手側が自社に興味を持つように引き付けることが大事で、相手側の要望や困っていることなどが理解できていることも必要です。ビジネスの話題につながる情報は常に新しいものが求められます。ノベルティも便利なものばかりでなく最新の話題につながるような商品を準備すると、常に新しい方向性に目を向けている会社という印象を、相手側にもたらすことができます。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *